バリアフリーを考える

「バリア」とは「じゃまなもの」という意味です。
日常生活においてデコボコな道路、階段や段差など高齢者や障がい者、車いすの人やベビーカーを押したお母さんなどにとっては「じゃまなもの」です。
これをなくす(フリーにする)ことを「バリアフリー」といいます。
例えば階段や段差にスロープやエレベータを設置したり、高齢者や目や耳に障がいを持っている人に眼鏡や補聴器を用意することなどが挙げられます。
特に建物や乗り物などにおいて対策が進められています。
200年には「交通バリアフリー法」が定められました。
駅のホームや階段の手前に点字ブロックが敷かれたり、車内放送が聞こえない人のためになどを表示する装置が備え付けられて利しています。
また「ノンステップバス」や「ワンステップバス」をよく見かけるようになりました。
1970年ごろ「福祉のまちづくり」が奨励されてから、世の中の環境も変わってきたように思えます。
しかし、いくら街中に点字ブロックがあってもその上に放置自転車が置かれていては意味がありません。
設備を整えるだけではなく、一人ひとりが意識をもって行動することが大切です。
どうすればより住みやすい社会になるか考えてみてはいかがでしょうか。

中絶 大阪
を10年以上行っているレディースクリニックです

脳の病気が原因で肢体不自由のお子様をお持ちのお母様へ

TBカイロプラクティック天神院
福岡で肩こりや腰痛にお悩みの方はこちらで解決できるはず☆ミ

名古屋市緑区 インプラント
の治療が休日でも行える医院です

乳がんに不安を感じたら早く見つけて確実に治しましょう

最新投稿

  • 福祉 バリアフリーについて1

    バリアフリーは邪魔なものをなくすという意味で生活していくうえで不自由なものを取り除くことをいいます。 …

    続きを読む...

  • 福祉 バリアフリーについて2

    高齢者をサポートするためには人間の力だけでは足りないものです。
    今は優れた生活のスタイルや道具 …

    続きを読む...

  • 福祉 バリアフリーについて3

    「バリアフリー」と「ユニバーサルデザイン」は福祉のまちづくりを考えた時にとても重要なものです。

    続きを読む...

  • 福祉 バリアフリーについて4

    数年前からバリアフリー、という言葉が広まっています。
    バリアフリーとは元々建築用語で、障害にな …

    続きを読む...