バリアフリーとユニバーサルデザインの違いについて

「バリアフリー」と「ユニバーサルデザイン」は福祉のまちづくりを考えた時にとても重要なものです。
発案された背景やきっかけは違いますが、見た目は似ているため混同される方が多いようです。
このふたつの違いについて説明します。
「バリアフリー」は障がい者や高齢者など社会的弱者が快適に過ごせるように障壁(バリア)を取り除くことをいいます。
これに対し、「ユニバーサルデザイン」は国籍・性別・老若男女問わず全ての人が使いやすいように設計されているデザインのことをいいます。
例を挙げると、階段しかなかった場所にスロープを取り付けた場合は「バリアフリー」、最初から会談にスロープが取り付けられている場合は「ユニバーサルデザイン」となります。
つまり、もともとあったバリアを取り除くか、最初からバリアがないかの違いと言えます。
「ユニバーサルデザイン」の方が一歩進んだ考え方だと言えるでしょう。
二つの発想に違いはありますが、どちらも使いやすさを追求する思いやりの気持ちが根底にあることは変わりありません。